多くのゴルファーを魅了するMP-62

ターゲットにボールを運ぶアイアンは、スコアアップを目指すゴルファーに欠かせない存在です。
ドライバーは最長飛距離や方向性など分かりやすい選択基準がありますが、アイアンはモデルの特徴が分かりにくく、求める性能もゴルファーのレベルによって違います。
また、クラブの選び方のノウハウもドライバーの様に確立されていないのが実情です。

アイアンを選ぶ上で性能に大きく影響するのがヘッドの形状で、そのほとんどがキャビティバックかマッスルバックのどちらかに当てはまります。
キャビティバックは中央部の重量を周辺に配置することでスイートエリアを広くした形をしており、現在のアイアンはこの形が主流となっています。

マッスルバックは周辺に重量を配分せず、キャビティバックが出回る前にアイアンクラブの主流として利用されてきたモデルです。
打感が良く操作性が高い事が特徴ですが、小ぶりでスイートエリアが狭いので上級者向けと言われています。

2008年にミズノから発売されたMP-62はデュアルマッスルキャビティデザインを採用し、バックフェース側を2段階に分け厚肉を施す事で、より心地良い打感を実現させました。

無駄を削ぎ落とし、必要な部分を凝縮したフォルムは美しく、ソリッドな打感と高いコントロール性を発揮し、ボールの拾い安さと振り抜けの良さを可能にしました。

さらに、抜群の使い心地は多くのゴルファーを魅了しており、人気の高いアイアンです。
現在、MP-62は生産終了となっていますが受注生産は受け付けているので、使い心地を体感したい人は頼んでみてはいかがですか。

発注から40日程度で手元に届きます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ