雨の日に欠かせないゴルフ傘

ゴルフは屋外で行うスポーツで、最近はプレーの料金が手頃になってきて、幅広い年齢層の人が楽しんでいます。
天気の良い日は何も問題はありませんが、テレビでゴルフの大会を見ると雨の日でもプレーを続けていることがあります。
この時に、選手をはじめ周囲の関係者が傘を使っていますが、これはゴルフ傘という専用のものを使っており、各ゴルフ場には専用の傘がほとんどの所で設置されています。

日常生活で使われる傘と比べると大きく、メーカーによっても違いが見られるものの、例えばミズノで発売している傘は取っ手からの長さが約109cm、開いた時の全長が直径142cmです。

プーマの商品は取っ手からの全長92.5cmで、開いた時の直径が120cmとなっています。
カラーやデザインもメーカーによってカラフルなものやシンプルなものなどがあり、雨の日のプレーで人が2人とバッグが入る位の大きさです。

ゴルフショップやインターネットショップでも購入できます。
また、システムワークス株式会社のコンパス事業部はゴルフ傘専門の企業で、国内のゴルフ場のほとんどでこの企業の製品を取り扱っています。

傘一筋260年と歴史のある会社で、斬新なデザインで晴雨兼用の傘などを製造販売しています。
ゴルフ場やホテルといった傘はロゴ入りも可能ですし、骨折れ修理も行っていて、大きさや素材などもオーダーメードで作ることができます。

ゴルフをする方であれば雨の日の対策として1本あると便利なので、持っておくと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ