ゴルフのスコアアップを目指す為にチッパーを活用しましょう

ゴルフのスコアを向上させる要素の一つである、グリーン周りからのアプローチを簡単に行うことが出来るクラブはチッパーと呼ばれます。
この特徴としては、PWやAWなどのウェッジよりロフト角が小さく、立っていることとパターと同じ位の短いシャフトが装着されている点です。
パターとアイアンの中間のような形状をしており、ルール上としてはアイアンとして区別され、パターと混同を避ける為に、「ゴルフ規則裁定集」では、シャフトはクラブヘッドのヒールに取り付けることなどが求められています。

ソールがすべりやすいように広く平たい幅広の設計により、ダフってしまってもちゃんとボールに当たってくれる構造で、打ちたい方向の直角にクラブを合わせれば方向性を保つことが可能です。

チッパーの打ち方としては、パターと同じ要領で打つのが基本とされており、転がして寄せるランニングアプローチを狙います。

その距離感はロフト角やメーカーによって違いますが、キャリーとランの比率が1:3などで作られているので、それとともに実際のグリーンの傾斜を考慮に入れることが必要です。

価格面では低価格帯のものも多くあるので、グリーン周りのアプローチについて悩んでいる場合は、試してみる価値があるクラブだと言えます。

使用率がまだまだ低いことからチッパーは邪道という誤解や偏見を受けてしまうことも多いようですが、使いこなすことが出来れば非常に便利なクラブです。

格好良く使いこなしてスコアアップを目指すとともに、ライバルと差をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ