ユーティリティークラブに定評のあるニッケントゴルフ

ニッケントゴルフは1996年に創業したクラブメーカーで、まだ創業してからメーカーとしては新しい会社ですが、2004年にはネイションワイドツアーで同社の「3DXアイアンウッド」の使用率が一気に上昇し、PGAツアーでも使用されるようになりました。
このクラブのように、ユーティリティークラブに定評があるメーカーです。
通常はこうしたメーカーの場合には、契約選手に契約金を支払って製品の提供をする代わりに、ツアーで利用することで広告宣伝を行う手法が取られることが多いですが、ニッケントゴルフには一切契約選手がおらず、契約金も支払っていません。

つまり、使用している選手はクラブの性能や使いやすさを評価して使用しており、この中には、2003年の全米オープンや2004年の全英オープンの覇者などのメジャーウィナーや、数多くのトッププロが含まれます。

その他でパターでは「パイプパター」と呼ばれる独特の形状を持つパターも販売しており、この形状だけでなく性能も注目を集めています。

ユーティリティークラブの中でも最高傑作との声もある「4DX アイアンウッド」に関しては、高コストパフォーマンスという点と、アメリカツアーで活躍する日本人選手が愛用しているクラブとしてゴルファーの間で知られているクラブです。

奇抜なデザインはもちろん性能も伴ったこのクラブは、ユーティリティーで迷えばお勧めしたいクラブですが、もう販売終了しているため新品では入手困難となっています。

オークションや中古では出ていますので、安定したユーティリティーを求める場合は検討してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ