高い技術が詰まったエポンのアイアン

エポンは、他社ブランドを製造するメーカーである遠藤製作所の自社ブランドで、一般的にはあまり馴染みのない名前かもしれませんが、ゴルフ業界に携わる人であれば誰でも知っている有力企業です。
大手ゴルフメーカーの評判の良いヘッドの多くは遠藤製作所が手掛けており、大手ゴルフメーカーの営業マンも「遠藤製です」と誇らしげに営業する程の技術力を持っています。

特に鍛造技術が光るアイアンは軟鉄の良さを最大限に引き出す作り方をしており、厳密な温度管理の下で加熱された丸棒素材を、粗鍛造から仕上げ鍛造までいくつもの工程を重ねてアイアンヘッドの形にするのです。

自社制作による精密鍛造金型により、この段階で形状や表面肌は完成品とほとんど同じに仕上がっています。
その後、ロゴマークやスコアラインをプレス製法により打刻し、角度調整、仕上げ研磨、メッキを経て完成となります。

打感の良さを味わう事が出来るのが軟鉄鍛造アイアンの最大の特長ですが、エポンはそれに加えて、クラブを構えた時の自然な美しさも追及しています。

また、飛距離を追求したと言われるポケットタイプには、高反発素材を使ってフェース板を独自の技術である精密レーザー溶接によって軟鉄ボディに溶接しています。

スコアメイクにおいても大事な部分となるウェッジは、打感が良い軟鉄鍛造製法だけでなく、仕上げやユーザーの多様性にもこだわり、ニッケル・クロムメッキなどノーメッキ仕上げで多彩な表面仕上げて販売しているので、ゴルファーそれぞれの好みで選べます。

この様に、一切の妥協を許さず高い技術を盛り込んで作られているエポンのアイアンは価値のある1本と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ