ゴルフ手袋の役割と選び方について

ゴルフをするには、クラブ以外にも様々な道具が必要です。
ゴルフ手袋もその中の一つで、ゴルフをしない人から見ればファッションの一部と思うかもしれませんが、実は非常に大切なアイテムなのです。
ゴルフ手袋はグリップとの摩擦を強める役割をしていて、それほど強い力を用いなくてもクラブをしっかりと握れる造りになっています。

もし、クラブを握るためにとてつもなく大きな力を使わなければならないとしたら、コントロール力がままならずミスショットに繋がりますから、ある程度力が抜けて楽にクラブが握れることがスコアメイクのカギとも言えます。

そして、素手ではなく手袋を通して握った感覚を頼りにスイングしますので、ゴルフ手袋は手にどれだけフィットするかが重要です。
このようにプレーに大きな影響を与える手袋ですが、種類は大きく分けて天然皮革と人工皮革の2種類があります。

天然皮革は、手にはめた時に質感がしっとりとしていて、皮膚と密着するように伸び素手に近い感触です。

そして同様にグリップともよく密着しますので、握力が弱くてもスイングが楽ですが、水や汗には弱いので、長く使うためには使用後の手入れが必要になります。

一方、人工皮革は天然のものに比べるとフィット感が劣りますが、使い込むほどに変化していく天然皮革とは違い、使い心地がいつも同じという利点があります。

また、水や汗には強いので手入れが楽で、汗をかきやすい季節や雨の日などは人工のものを使うと良いでしょう。
このように、天然と人工ではそれぞれに長所が違いますので、握ったときのフィーリングの他に、季節や天候で使い分けするのも一案です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ