最新のテクノロジーが詰まったナイキゴルフ

世界的スポーツブランドであるナイキがゴルフ界に進出したのは2002年からで、ゴルフメーカーとしての歴史はそれほど長くはありません。
しかし、タイガー・ウッズを始め多くのゴルフアスリートがゴルフクラブを使用しており、次々と新しいコンセプトのクラブを生み出すナイキゴルフの製品は、世界中ゴルフファンを魅了しています。
ナイキゴルフを一躍有名にしたのはサスクワッチという名品ドライバーで、その特長はヘッドの大きさと形にあります。

容量は他のドライバーと同じ460CCでありながら大きく見え、後方に大きく出た四角い膨らみは、今までのドライバーの概念からは考えられない物でした。

しかし、この形状は回転し難くゴルフクラブの使いやすさを表す慣性モーメントを一番に考えた構造なのです。
これにより重心は低く、打点からヘッドの重心位置がより離れ、ミスショットをした時でも直進性を保つ事が可能になりました。

また、サスクワッチはヘッドスピードの速いゴルファーではあまり飛距離は伸びませんが、ヘッドスピードのあまり早くないシニアや女性、初心者のゴルフプレーでは飛距離が望めるので、ゴルフを始めたばかりの人や女性にお勧めです。

また、ナイキの最新モデルVR_Sシリーズではスピードにこだわって設計しており、フェースの中心部を一番厚くし、外側にかけて段階的に薄くしていく最新のテクノロジーが採用されています。

中心部分と周りに厚みの差を持たせる事により反発性能がアップし、高反発エリアも広くなるので、ミスヒットにも対応出来ます。

この様に、最新のテクノロジーを駆使して作られるナイキゴルフは、ますます注目されるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ