ゴルフボールにネームを入れると、オリジナルボールとして愛着が沸きます。

どんなものでもオリジナルのものを作ると、それに愛着が沸くものです。
そして、人と少し違っただけでも、それだけで優越感に浸れます。
ゴルフのプレーの時、同じメーカーのボールを同じ組の人が使っていて紛らわしかったという経験はないでしょうか。

間違って打ってしまうと2打罰を受けるので、十分に気をつける必要があります。
そんなミスを犯さないためにも、ゴルフボールにネームを入れることをお勧めします。
完全にオリジナルボールとは言えませんが、それでも自分のものとしての愛着が沸くはずです。
ネームは、ゴルフショップなどで入れてくれます。

費用も安いので、一つ二つに入れるのではなく、どんと全てのボールに入れるくらいの勢いで注文するのがお勧めです。
プレーしていると結構ボールは失くしますから、その度に注文していては面倒です。
ボールはいくらあっても困るということはないので、一気に注文してしまいましょう。

また、当然のことながら、ルールに反するような文字の入れ方はしないよう注意してください。
専門店ならそのようなことはないとは思いますが、それでも公式では使えないボールやクラブを売っている店はいくらでもあります。

それ自体は悪いことではありませんので言及しませんが、正しいルールでプレーしてこそ真の実力が分かるというものです。
注文する際には、名前の入れ方はルール上問題ない方法でやっていますか、と聞いてから依頼をすれば確実ですし、安心して使用できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ