ゴルフ練習場のゴルフマットは、マットによって打ちやすさが全く異なるので状態管理が大切です。

ゴルフ練習場の集客には、立地は元より打席数や広さなどがありますが、中でも意外なポイントとしてゴルフマットが重要です。
マットによって打ちやすさが全く異なるので、マットの状態管理はとても大切だと言えます。

本来ゴルフは芝の上からゴルフボールを打つスポーツですから芝の練習場が一番ではありますが、芝の練習場は芝の耐久性、そして維持するコストを考えると一般的ではありません。
ですから、練習場のマットは芝の感覚により近いものが良いと言う考えができます。

そう言った観点からマットは製造されていると思われますが、そのマットが使い込まれていたり年季が入っていたりすると、理想の状態からどんどん離れていきます。
従って、練習場のマット管理は不可欠であり、マットがいつも良好な状態であれば集客力の向上にも繋がるでしょう。

何故ならば、使い込まれていない新品に近い状態のマットから打つと、使い込まれたマットと比べて、良いショットが打ちやすいからです。
これは、新しいマットの方が仮想芝によってボールが浮き、浮いているボールは打ちやすいので、良いショットが打てるということが理由となっています。

良いショットが打てれば、練習に来たゴルファーは気分が良くなり、ゴルフが楽しくなり、また続けて訪れたくなるものです。

そして、いショットが打てる練習場とそうでない練習場であれば、当然、良いショットが打てる練習場に足を運ぶ機会を増やすことになるでしょう。
このようにマットは、集客やリピーター獲得への影響力が非常に大きい要素だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ