ゴルフシャフト選びは自分に合うシャフトの硬さを測定することがポイントになります

ゴルフクラブの性能や相性に影響を及ぼす要素はたくさんありますが、そのなかでも重要な要素の一つとしてシャフトの仕様と性能があります。
自分に適したクラブを選ぶ場合、シャフトに関する知識が必要になってきます。

シャフトの種類と特性は使われている素材、形状、重量、製造方法などによっても異なりますが、まずはその素材によって変わってくることが大きく、例外的なものもありますが大きく分けてカーボンシャフトとスチールシャフトの二つに分類することが出来ます。

アイアンは遠くへ飛ばすことよりも正確さを要求されるクラブなので、相対的に重くしっかりした感触を得ることが出来るスチールシャフト(ステンレス製)のほうが人気が高いです。

反対にドライバーなどの遠く飛ばすことを目的としたクラブは、しなることによって遠心力を増すことの出来るカーボンシャフトを多く使用している傾向にあります。

そしてゴルフシャフト選びのポイントとしてシャフトの硬さはとても重要になり、その硬さを区分表記してあるのがフレックス表示です。
一般的にL、A、R、S、Xなどのように表示されており、Lが一番柔らかく、Xは一番硬いことを意味します。
日本人の一般男性用としてメーカーが推奨する硬さはRということになっています。

しかし、測定方法など各メーカーごとに統一されていないためか、メーカーが違えばスイングした時のフィーリングが大きく異なり、また同じメーカーでもプロモデルとアベレージ用のモデルとでは、同じ硬さでもプロモデルのほうが硬い場合が多いです。
シャフト選びはゴルフのスコアに大きく影響する大事なポイントとなりますので自分に合うシャフトを慎重に選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ