雨の日のゴルフを楽しむためにはゴルフレインウエアーにも気を使う必要があります

雨の日のゴルフは夏だと蒸れますし、冬だと一段と肌寒く感じますので好んでプレーするアマチュアプレーヤーはほとんどいません。
特にメガネをかけてプレーをしているプレーヤーはメガネに雨の水滴がついたり、蒸気でレンズが曇るため集中力が損なわれてしまいます。
さらにダフッてしまうと泥が飛び散って衣服や顔面を汚してしまうのも嫌なものです。

しかし大抵はせっかく仲間と休みを合わせてコースの予約を入れているので、土砂降りや強風にでもなっていない限り少々の雨ではプレーをしたいと言うのもアマチュアプレーヤーの心理であります。

そのような時に強い味方となるのがゴルフレインウエアーです。
レインウエアーにはたくさんの種類があり、ホームセンターでも買うことができますがゴルフレインウエアーはゴルフ専用に作られているだけあって、雨の日でも快適にプレーできるような配慮がされています。

価格は安いものでは1000円程度で売られており、高いものでは3万円程度する商品もあります。
やはり価格と性能は比例しており高額なレインウエアーほど快適にプレーができます。

ゴルフレインウエアーの特徴としてすぐ分かる箇所ではフードが付いていないことが挙げられ、フードをかぶってスイングはできませんので頭に関してはレインキャップをかぶることになります。

それからスポーツ用のレインウエアーですので通気性にこだわりがあります。
各社とも蒸れ防止のためのさまざまな配慮がされていて、さらにスイングの邪魔にならないように半袖や半ズボンに替えられるのも特徴の一つです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ