近年、ゴルフ用のワークキャップが流行っています

近年ではワークキャップタイプのゴルフキャップの人気が高まり、多くのアパレルメーカーやゴルフメーカーがワークキャップの製造と販売を始めました。
キャップにはその他にもベースボールキャップタイプやバイザータイプ、ニット帽タイプ、ビーニータイプ、ハンチングタイプなどがあります。

最近は頭頂部の部分に人工の髪の毛が付いたバイザーが珍しく面白いことで売上げを伸ばしています。
キャップをかぶる第一の目的は危険防止のためです。

国内のコースではホール間の間隔が狭く隣接しているコースも多く、フックやスライスによって隣のホールから突然ボールが飛んでくることも珍しくありません。

また、同伴者の打ったボールが誤って自分の方に向かって飛んでくることや、自分が打ったボールが木などの障害物に跳ね返って飛んできたり、後続組が誤って打ち込んでくるリスクも考えられます。

ボールが身体に当たった場合は打撲程度で済み完治できても、頭部の場合は繊細な部分ですので後遺障害が残る可能性も高く、自分の身は自分で守ると言うプレーヤーのマナーとして、帽子の着用は必須になっているコースも存在します。

また、ゴルフは紳士淑女のスポーツでマナーやルールには厳しいのですが、ウェアやアクセサリーに関しておしゃれを楽しむことができるスポーツでもあります。

ファッションには毎年のように流行り廃りがありますが、ワークキャップに関してはおしゃれだけではなく実用性も高いため、このまま定着していくファッションアイテムとして認知されてきています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:道具・メーカー

このページの先頭へ