ゴルフのローカルルールについて

ゴルフには様々なルールが設けられています。
初めての方は最低限のマナーやルールを身に付けておくと良いのですが、中にはローカルルールと言われるものもあります。
これはゴルフ場やコンペなどの競技委員が定めたもので、JGAの公式ルールの規定を一部変更や削除、または追加した独自のルールです。

あくまで公式ルールがベースにはなりますが、大幅に変更をするのではなく、本来のルールに規定されている方針と矛盾しないことが条件で、変更や削除、追加されます。

よくあるのは、ゴルフ場によって悪天候の場合の規定や、ロストボールについての対応などが定められています。

ローカルルールには、基本ルールの緩和的な救済措置とルールで運営上の観点から基本的に認められている行為を禁止するものがあり、救済措置は、例えば6インチプレースを許すことがあったり、認められている行為の禁止はストロークプレーでホールアウト後のグリーンでの練習パットの禁止といった例があります。

このルールはアマチュアゴルフでの使用が多く、アマチュアのコンペやプライベートの場合は時間短縮のために使われています。

正式な協議会やプロのツアーでは適応されないルールですから、自分が行っているプレーと違うこともあり得るので、そこは理解してプロ選手のプレーを観戦するようにしましょう。

プライベートのプレーの場合では、場所によってローカルルールワンぺナの適用も多くあり、隣のホールとの境目に黄色い杭を立てている所も見られますので、プレー前に確かめておくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフのルール

このページの先頭へ