ゴルフのルールにはロストボールがあります

ゴルフにはルールが沢山あります。
ゴルフ初心者の方はグリーンへ出る前に、知識として最低限必要なルールを知ってからコースでプレーを楽しむと良いでしょう。
中でも、ロストボールはなかなか厳しいペナルティが与えられます。
日本語では紛失球と言われ、自分のボールがプレー中に無くなってしまうというケースです。

無くなるはずがないと思っていても、5分以内に見つけられなかったり、もしくは自分のボールだと確認ができなければ規則に従ってペナルティが与えられます。

例えば、自分のボールらしきものが木の上や草むらの中に見えても、自分のものだと確認ができなければ紛失球となってしまいます。

また、5分間ボールを探す時間がありますが、探す前にプレーヤーがボールは見つからないと判断したり、新しいボールを打った場合も紛失球となります。

ただし、自分サイドの人間がボールを探し始めてしまうと、その後に暫定球を打てなくなるので気をつけましょう。

ペナルティはストロークと距離に基づく処置が与えられ、初めのボールを最後にプレーした所のできるだけ近くに戻り、1打罰で別のボールをプレーすることになっています。

これには例外もあり、見つからないボールが障害物の中にあったり、異常なグラウンド状態の中にある、局外者によってボールが持ち去られたり紛失させられた、ウォーターハザードに入ったと分かるなどの場合、プレーヤーは適用できる規則に基づいて処置が可能です。

ボールの行方はよく確認し、見失わないように気を付けてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフのルール

このページの先頭へ