OBの際のゴルフルールについて

どんなスポーツでも、最低限のルールを知らなければスムーズなプレーは行えず楽しめません。
ゴルフも同様で、残念ながらきちんとしたルールを知らないままのゴルファーは多く、ルールブックを携帯しているプレーヤーもほとんどいないのが現状です。
このスポーツは、どれだけ少ないスコアでコースを回れるかを競うものであり、基本的に空振りを含むボールを打った数にペナルティにより加えられる数の合計でカウントしてスコアを出します。

ペナルティにはウォーターハザード、空振りやグリーン上でマークをしないでボールを拾う、バンカー内で地面にクラブが触れるといったものがありますが、OBというペナルティはこのスポーツを詳しく知らない人でも聞いた事があるのではないでしょうか。

これはアウトオブバウンズの略で、各ホールの定められたラインから外に出てしまった際に発生するペナルティです。
多くのケースで山や林など、まともにボールを打つのが困難な場所に設定されています。

プレー区域は白い杭で表示されており、そこをはみ出してしまうとOBとなって1打追加して打ち直しをします。
つまり、1打目がOBになると、次は同じ場所から3打目を打つという事です。

セカンドショット以降のケースでは、1打を追加してボールを打った場所の近くでグリーン上のホールに近づかない所にボールを落として再度打ちます。

実際のプレーの状況では、打った後にこのペナルティかどうか分からない場合も存在しますが、そのような時は「暫定球を打ちます」と同伴プレーヤーに宣言し、同じ位置から再度打つ事が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフのルール

このページの先頭へ