ゴルフ入門時の心構えについて

ゴルフと聞くと、「色々お金がかかって大変そう」「何だかルールが難しそう」と考えて、二の足を踏んでしまう人も少なくありません。
ゴルフ場に行かなくても色々な形でゴルフはできるもので、練習場でボールを打ってゴルフを楽しむ程度であれば、コースに出るわけではないので道具を全て揃える必要はないですし、お金も沢山かからなくて済むため、比較的安上がりで気楽にプレーが可能です。

確かに他の多くのスポーツと比べても、ルールやマナー、使う道具など学ぶべきことが多く、ボールの打ち方一つにも時間や手間がかかり、それを面倒と考える人もいるかもしれません。

覚えるのは大変でも、ボールを遠くに飛ばせるようなるにはパワーだけでなく、ボールを正確に打つテクニックが重要です。
技術を得点に反映させるには、戦略を考えるための知識やルールの知識も必要になり、とても奥が深いスポーツと言えます。

インターネットなどの普及で、「ゴルフ」で検索すればゴルフ入門時に必要な情報が初めての人にも調べられ、ゴルフの基礎知識を簡単に学ぶこともできます。

ゴルフ初心者やこれからゴルフを始めようと思っている人は、基本的なマナーやルールを最低限覚えておく必要があります。

ルールには、ティグラウンドや、ティグラウンドからグリーンまでのスルー・ザ・グリーン、グリーン、ウォーターハザードやバンカーハザードなど、シーン別に基本的に守るべき点があります。

そして、基本的なマナーには服装についても含まれていますので、ゴルフを安全に楽しく、ゴルファー同士が気持ち良くプレーするための心構えとしてきちんと覚えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフのルール

このページの先頭へ