コースデビューする人向けの最低限のゴルフのルール

ゴルフはマナーに厳しく、よく紳士的なスポーツと言われますが、ルールにもマナー上決められているものが多数あります。
元々はイギリス貴族のゲームだったので、マナーやドレスコードはその当時の影響からくるものも多くあり、初心者はコースに出るのにも自分の作法がマナー違反ではないかと心配に思うかもしれません。
しかし、他の人のプレーの邪魔をしないことを基本に考えれば、ルールもおのずと納得できるものが殆どですから、特にコースデビューの場合には、最低限の知識を持ってプレーすれば合格と言えます。

例えば、スタート前は自分の道具のチェックをしっかりしておき、特にクラブの本数には注意した方が良いでしょう。

ティー・グラウンドでは、最初のホールの場合には打順はくじ引きとなりますが、ボールを打つ人の視界に入らないように気をつけたり、音を出したりせず静かに順番を待ちます。

また、ティー・オフ後はホールから遠い人からプレーしますが、自分の順番がきたら同伴競技者をむやみに待たせず、スピードプレーを心掛けましょう。
グリーン上では、打つ人のラインなど視界に入らないように配慮し、話し声や音を出すことは厳禁です。

ゴルフはいかに少ないスコアでコースを回れるかが基本的なルールとなり、OBやロストボール、ウォーターハザード、バンカーの際にはペナルティがカウントされます。

その他、グリーン上でマークをせずにボールを拾ったり、バンカーでクラブを構えたり、素振りをした際に砂に触れてもペナルティが発生します。
これらの知識を基に、是非コースデビューする人はルールを守って楽しくプレーして下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフのルール

このページの先頭へ