知っ得ゴルフルールアンプレアブルの注意点

ゴルフをプレーしていると、難しい局面に遭遇するケースがままあります。
たとえば、打ったボールが木の枝葉に引っかかったまま落ちてこないということや、ボールが岩と岩の間に挟まってしまいショットできないといった事態です。
プレーヤー自身が、通常のショットを打てないと判断した場合には、アンプレアブル宣言をすることができます。

これは、この時点で一打罰を付加した上で、以下の救済措置の中から一つを選択するものです。
まず一つ目は、そのボールを最後にプレーした場所からできるだけ近いところにボールをドロップする方法で、二つ目は、ホールとボールを線で結び、その後方線上にボールをドロップする方法です。

この場合は、どこまで後方に下がっても問題はありません。
三つ目は、ボールの落ちている場所からクラブ2レングス以内の場所で、ホールに近づかないところにボールをドロップする方法です。

なお、ボールがウォーターハザード内にある場合は、アンプレアブル宣言はできませんし、ボールがバンカー内にあり、上記の二つ目、あるいは三つ目の措置を取る場合は、バンカー内へドロップする必要があります。

さらに、ボールをドロップした後に以下のような状態になったら、再ドロップすることになります。
まず一つ目は、ボールがホールへ近づいてしまった時、二つ目は、ボールがハザードや修理地、カート道で止まってしまった場合です。

三つ目は、ボールが落ちた地点からクラブ2レングス以上の距離を転がった場合で、四つ目は、ドロップしたボールが自分の足やクラブに当たってしまった場合となります。

このように、アンプレアブル宣言をする時には、状況判断に最新の注意が求められますので、実際のプレーの中で、ゴルフルールを勉強していくことが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフのルール

このページの先頭へ