マレット型パターはボリューム感のあるヘッドの形状

ゴルファーによって、「ストロークの安定」や「打感へのこだわり」、「フィーリング重視」など、パットで何を重要視するかは異なり、種類によってスペックや与える影響が違う為、パター選びが重要になってきます。
ゴルフクラブの中でもヘッドの種類が豊富なパターには、マレット・ブレード(ピン)・中尺・長尺・L字・T字型などがあり、中でもマレット型パターは最近バリエーションが増えてきています。

通称カマボコ型とも言われているマレット型のパターは、ボリューム感のあるヘッドの形状で芯が広く、直線的にテークバックがし易く、初心者から上級者まで幅広く愛用されている型です。

マレット型のパターが更に進化した形状のニューマレット型のパターは、ヘッドの重量配分を追求して生まれた設計で、通常のマレット型よりも、更にボリューム感のあるヘッドの形状になっています。

マレット型より重心深度が倍近くあり、ヘッドを一定方向に動かす働きがある為、直線的ストロークを実現し易い特徴があるので、ヘッドをより直線的に動かしたい人や、肩でストロークするようなタイプの人に向いていると言われています。

中には、マレット型とL字型の良い点を組み合わせたようなL字のマレットパターもあり、ピン型やL字型が向いていると言われているフェースの開閉をしてストロークするタイプの人にも向いています。

ヘッドの種類や大きさの他にも、フェースインサートやフェースの硬さ、センターシャフト、グリップの太さ、ライ角、重さなども検討してみることで、自分に合ったパターを選ぶことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:パター

このページの先頭へ