大切なパターのヘッドやシャフトに傷が付かない様に保護するのが、パターカバーの役割です

ゴルフの醍醐味のひとつに道具選びがあります。
道具が良ければ良いスコア出るというスポーツではありませんが、シャフトの硬さやヘッドの素材など、道具にこだわる事も楽しみ方のひとつです。
特にパターはコレクターも多く、ずっと眺めていても飽きないという人もいます。
大切なパターのヘッドやシャフトに傷が付かない様に保護するのがパターカバーです。

パターは他のクラブより短く設計されており、通常31~35インチ程度の長さしかありません。
カバーなしでキャディバッグに入れた場合、ヘッドが他のクラブシャフトに当たって傷つけてしまうので、パターカバーの着用は重要だと言えます。

また、最近は様々なタイプのカバーが販売されており、遊びやおしゃれとしてパターカバーを楽しむ人も少なくありません。

競技派の中には、ミスを忘れて気持ちを切り替えるきっかけとして可愛い物やキャラクター商品を使う人もいますし、さらには、自分で作る人や我が子の靴を被せてオリジナルを楽しむ人もいます。

カバー付け外しの動きをファンクションとしてリズムを取ったり、リラックスや集中力が高まるカラーを選んでスコアアップに繋げる目的で使用したりと、クラブを保護する目的以外の役割も果たしています。

他にも、クリップやストラップ付きのカバーやマーカー、グリーンフォークの付いた機能性の高い製品も出回っているので、パターそのものの機能の進化やプレースタイルに合わせて、自分に相応しいパターカバーを見つけてゴルフを楽しみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:パター

このページの先頭へ