レフティ用も候補に入れたパター選びを

スコアを最終的に決定するのはグリーン上でのパッティングです。
いいスコアで上がる為には、自分の体格に合った構えやすい物でパット数を減らす事が重要となります。
パターの代表的な型はピンタイプ、マレット、L字型に分類出来、ピンタイプは、ヘッドの先側と手元部分に重量が多く配分された形状をしており、スイートエリアが広いのでミスに強く初心者にお勧めです。

マレットタイプは、ウッドクラブの様にヘッドが丸く作られていて、日本では蒲鉾型とも呼ばれています。
重心が深い構造になっており、ヘッドをスムーズに動かしやすい反面、スイートエリアが狭くなっているのが特徴です。

最近ではヘッドが大きい品も増えており、構えやすく打ちやすいのでこのタイプも初心者向きと言えます。
L字型はシャフトとヘッドの繋がりがアイアンと同じで、アルファベットのLに似た形の為、L字型と呼ばれています。

シャープな形状でフェースの向きを合わせやすい利点はありますが、スイートエリアがあまり広くなく、打点位置が上手でないと距離を合わせにくいので、上級者向きのパターです。

さて、選び方のポイントですが、パターを持って構えた時にしっかりと握り、目標に対してフェースを向けられているか、向けやすいかをチェックします。

市販品の多くは33~35インチなので、背が低めの人は33インチを、長身の人は35インチを目安にしましょう。
加えて、ボールを打った際は狙った方向に転がりやすいので、同じ距離から何球か転がしてイメージ通りに転がる物がお勧めです。

レフティの人に限らず、パッティングだけは、左打ちの方がしっくりくるという人も中にはいるので、試打の際は右打ちだけでなくレフティ用も試してみる価値はあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:パター

このページの先頭へ