l字パターは、フェース面が変わりやすいのが長所で、上級者向けのパターといえます

パターは形状や特徴から、4つのタイプに分類されます。
l字パターはシャフトとヘッドのつながりがアイアンと同様で、アルファベットのLの字に似ている事からこう呼ばれます。
フェース面が変わりやすいのが長所であり、短所でもあります。
フェースの向きを目標に合わせやすい反面、繊細なタッチが必要となってくるからです。

トゥ側が重くなっており、スイートスポットが狭い為、正確にヒットしないと距離を合わせにくい等、上級者向けのパターといえるでしょう。
パッティングの際には、ボールを目線の真下より遠く置いて、やや強めのインサイドインのストロークをするのが良いです。

ボールの位置が目線の真下より遠くなった分、ストロークは円弧に近い動きになります。
ピン型パターはトゥ側とヒール側にウェイトを付けてヘッド全体の重さを分散させ、スイートスポットを広げた造りになっています。

この為、ミスが少なくなり、初心者に向いたパターといえます。
マレット型パターはヘッドがドライバーの様に丸くなっており、カマボコパターとも呼ばれています。

ヘッドの重量がある為、ヘッドをスムーズに動かしやすく、テークバックの勢いそのままに動いてくれます。
この為テークバックとストロークがブレにくくなり、ピン型と比べるとスイートスポットは狭くなります。

T字型パターはシャフトがヘッドの中央近くに付いており、方向性に優れています。
キャッシュインパターとも呼ばれます。
インパクトの感覚を重視する人向けといえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:パター

このページの先頭へ