中古パターと新製品パターとの性能差は少ないので十分に戦力なります

パターはアイアンやドライバーなどのウッド系に比べると進化の程度は大きくありませんので、中古パターを購入しても十分にスコアアップのための戦力として使うことができます。
実際に同じパターを十年以上も使い続けているプロのゴルファーもおり、パターには飛距離を求める必要はなく自分の狙った通りの距離感と方向性を出せることに尽きるゴルフクラブです。

したがってボールを前にして構えた時の安心感やインパクト時の手のひらに伝わってくる感触のようなフィーリングが非常に重要になります。
パターヘッドの形状にはピン型やマレット型、キャッシュイン型などがあり、またそれらの良いと思われる形状を複合的に組み合わせたパターもあります。

ピン型はアンサー型とも呼ばれていてパターとしてオーソドックスな形状になります。
ヘッドの前後に重量を配分して方向性とボールの転がりの良さに定評がありバランスのとれたパターです。

マレット型はかまぼこ型とも呼ばれており、ボテッとした形状が特徴で、ストロークでヘッドをまっすぐに引きやすく、手首でこねない打ち方ができます。

逆にキャッシュイン型のパターは手首の感覚が重要で繊細なタッチが要求されますが、ベテランの方たちにはこの形状のパターを好んで使う人が多いです。

またシャフトの長さも短尺や長尺があり、最近は長尺パターに人気があります。
パターにも時代によって流行がありますが、他のクラブほど製作時期によって性能の差はありませんのでいろいろな形状の中古パターを購入して、自分に合うものを探すのもスコアアップの方法の一つです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:パター

このページの先頭へ