馬場ゆかりは姉妹で活躍しているプロゴルファー

馬場ゆかりは、1982年12月30日生まれの現在32歳で、福岡県出身のミュゼグループに所属している日本の女子プロゴルファーです。
小学校2年生から父親の影響でゴルフを始め、高校3年生の時に日本ジュニアゴルフ選手権競技で3位タイに入賞、2002年のプロテストで1発合格をしています。
身長149センチ、体重49キロとツアープロ選手の中でも小柄な体型ですが、ダイナミックなプレーが持ち味の選手で、プロ転向後2004年のヨネックスレディスでは、当時有名だった不動裕理選手を抑えて初優勝を勝ち取りました。

その後も安定したプレーを見せ、賞金ランクは20位台を常にキープし、シード権を獲得しています。
2008年に開催されたライフカードレディスでは最終日にホールインワンを出し、4年ぶりの通算2勝目を達成しました。

そして、この年に開催された全英リコー女子オープンに出場を果たします。
2011年の日本女子オープンで念願の公式戦初優勝を飾り、今注目されているプロ選手です。

使用しているギアの契約はクラブがテーラーメイドゴルフ、キャップはニューエラ・ジャパン、ボールはタイトリスト、ウェアはアンダーアーマーを使用しています。

馬場ゆかり選手は公式ホームページを開設しており、ブログも更新しているので、最新の情報をチェックすることができます。

妹の馬場由美子選手も女子プロゴルファーで、2005年にプロテストに合格して伊藤園に所属しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロ

このページの先頭へ