これからの活躍が期待できる女子プロゴルファー斉藤愛璃

斉藤愛璃は1989年12月6日生まれの現在25歳、神奈川県厚木市出身の女子プロゴルファーです。
父親の影響で小学校2年生の8歳からゴルフを始め、中学3年生のときに日本ジュニアで5位に入賞しました。
神奈川県立厚木北高等学校に進学し、高校3年生のときに日本女子アマ選手権でベスト16入りを果たして、同じ年に開催されたスタンレーレディスに出場しています。

2010年には程ヶ谷カントリークラブに勤務しながら単年度登録選手としてプロに転向してプロツアーに参戦し、2011年に見事プロテストに合格しました。

この年のファイナルクウォリファイングトーナメントを31位で通過して、翌年レギュラーツアー出場権を手にします。

プロテスト合格後に初めて迎えたシーズンオフは例年以上にトレーニングを積み重ねて、迎えた2012年3月に開催された開幕戦、第25回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントでツアー初優勝を果たし、当時は一躍ニューヒロインとして脚光を浴びました。

ツアー11戦目での優勝は日本人では最速で、さらに、プロテストに合格した翌年での優勝は女子ゴルフツアー史上初となる快挙でした。
現在も程ヶ谷カントリークラブに所属しており、ウェアはデサントと契約しています。

2013年に行われたダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメントでは初めてディフェンディングチャンピオンとして参戦しましたが、残念ながら予選落ちで非常に緊張したとコメントを残しています。

斉藤愛璃はこれからの活躍を期待できる女子プロゴルファーの一人です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロ

このページの先頭へ