宮里藍は、沖縄出身の女子プロゴルファーです

宮里藍は、沖縄出身の女子プロゴルファーです。
父親の優さんのコーチを受け、兄聖志、優作とともに宮里3兄弟と呼ばれ、ジュニア時代からその実力が評価されていました。
東北高校にゴルフ留学しましたが、2年生の時に釜山アジア大会で金メダルを獲得するなど、実績を積み上げます。

そして3年生だった2003年、高校のあった宮城県で行われたミヤギテレビ杯ダンロップで、アマチュアながら優勝を飾りました。
すぐにプロ宣言をして、史上初の女子高生プロゴルファーとなります。

本格的にプロに参戦した2004年には、いきなりの大活躍を見せ、地元沖縄で行われた開幕戦のダイキンオーキッドで華々しく優勝を飾ると、次々と優勝を重ね、賞金女王争いに加わります。

惜しくも不動裕理におよばず2位となりましたが、賞金総額は1億円を超え、日本プロスポーツ大賞の新人賞に輝きました。
翌年には早くも世界に打って出ます。

南アフリカで行われた女子W杯に北田瑠衣とともに日本代表として出場、大接戦を制して、日本に初優勝をもたらしました。
2005年には、米ツアー出場のためにクオリファイトーナメントに挑戦し、トップで合格を果たします。

その翌年から米ツアーに参戦しました。
その後ドライバーの不調から不振に陥りましたが、2009年に鮮やかな復活を遂げます。

エビアンマスターズで念願の米ツアー初優勝を遂げると、2010年は開幕から2連勝し、その後日本人初の世界ランク1位にも立ちました。
今や、宮里藍というよりも世界のアイ・ミヤザトと言っていい存在感を持っているプロゴルファーです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロ

このページの先頭へ