下村真由美は、茨城県牛久市出身の女性プロゴルファーです

下村真由美は、1983年2月3日生まれ、茨城県牛久市出身の女性プロゴルファーです。
11歳からゴルフを始め、そのきっかけは、父親のゴルフの練習について行くうちに、ゴルフに興味を持ちその楽しさを知った為だと言われます。

身長170cmと、女子プロゴルファーとして非常に恵まれた体格から繰り出されるドライバーショットを武器に活躍を続けています。

日本ジュニアゴルフ選手権競技15歳から17歳までの部で3位タイとなり、女子ナショナルチームの一員として世界ジュニアに参加するなど、早くから逸材として注目を集めました。

高校卒業後にゴルフアカデミーに所属し、2004年、21歳の年にプロテストに合格します。
プロテスト通過後は着実にキャリアを重ね、2005年には、レギュラーツアーの下部ツアーに当たるツアーで2度優勝するなど成長を見せました。

その後本格的にレギュラーツアーに参戦した2007年、最高位2位を含めて10位以内に3度入るなど大きく躍進を遂げました。
この年の活躍でシード権を獲得、そして翌年もシード権を獲得するなど以降は安定した活躍を続けています。

均整のとれたプロポーションや端正な顔立ちからファンも多く、テレビの人気スポーツバラエティ番組にも出演した経験があります。

残念ながら、未だレギュラーツアーでは未勝利ですが、その恵まれた体格に秘めるポテンシャルは非常に高いものがあり、今後の更なる飛躍が期待されている選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロ

このページの先頭へ