青山加織は、熊本県熊本市出身の女子プロゴルファーです

青山加織は、1985年7月4日生まれで、熊本県熊本市出身の女子プロゴルファーです。
身長154cmと小柄ながら、スピード感溢れる体の回転を利用したスイングから放たれる、非常に鋭いショットが特徴的です。
ダウンスイングからフォロースルーまで緩みが無く、完成度の高い振りぬきは男子プロ顔負けと言われています。

青山選手が初めてゴルフに触れたのは4歳の頃と言われ、10歳になる頃には名門ゴルフ塾に入塾し、本格的にゴルフを始めました。

小学5年生の時には、女子アマチュアゴルフ日本一を決める大会に、そして6年生の時には、女子プロゴルフメジャーツアー大会に小学生として初めて、さらに当時史上最年少として出場するという快挙を成し遂げます。

中学校に進学後は全国大会で優勝し、高校進学後も九州のアマチュアゴルフ大会で優勝を飾るなど、将来のプロ入りを期待されてきました。
大学進学後の2006年にプロ転向を宣言し、翌年には女子プロゴルフ下部ツアーで初優勝を飾ります。

レギュラーツアーでは最高位2位を記録するなど、賞金ランキング62位の成績を収めました。
2009年には、レギュラーツアーでベスト10入りが7回と成長を見せ、賞金ランキング35位となり、初のシード権を獲得しています。

現在のところ未だに優勝トロフィーを掲げるには至っていませんが、幼い頃から女子ゴルフ界に記録を刻むなど、潜在的なポテンシャルは大変素晴らしく、今年こそ悲願の初勝利が期待されている選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロ

このページの先頭へ