ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント2014年の様子

第19回ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントは、2014年9月5、6、7日の3日間、みずなみカントリー倶楽部で開催されました。
2014年大会では、かつてない白熱した試合が展開され大いに盛り上がりました。
最終日の決勝ラウンドは、首位の大山志保が6打差のリードでスタートし、大山がミスをしない限り追いつくのは困難な数字でしたが、54Hのツアー記録にも期待が高まっていた大山は思うようにパットが決まらず、2番バーディ後パーが続き8番でボギーを叩いてしまいます。

首位を追いかける成田もプレッシャーを掛ける事が出来ず一進一退のプレーを繰り広げ、1打詰めただけで前半を終了し、このまま試合は終わると思われていました。

しかし、バックナインに入ると成田は、10・12・13番とバーディを奪い一気に2打差までに詰め寄ります。
加えて、4組前のイナリも10番イーグル、13番からの4連続バーディでトップと2打差に迫り、優勝者は誰か予想出来ない試合展開となります。

しかし、トップを意識してしまったイナリは17番でボギー、成田も16番でボギーを叩いてしまいパーをキープし続ける大山に追いつけません。
大山は我慢のプレーを続け、ペースを乱す事はありませんでした。

結局3打差のまま18番の最終グリーンへ突入しましたが大山が最後まで逃げ切り、大会史上2度目の優勝を手にし2014年の大会の幕は閉じました。

最後まで目が離せない試合に多くのギャラリーは感動し、2014年のゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントは大成功に終わりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロツアー

このページの先頭へ