リゾートトラストレディス2014年大会

日本女子プロゴルフ協会が公認する女子プロゴルフトーナメントのひとつであるリゾートトラストレディスは、名古屋に本社を置くリゾート開発会社のリゾートトラストの共催にて行われています。
1990年に帝産・クリナップビューティーズとしてスタートしたこの大会は、1995年に現在のリゾートトラストレディスとなりました。
2014年5月30日から6月1日まで行われたこの大会の優勝を飾ったのは、台湾出身のテレサ・ルーです。

ジュニア時代にオールアメリカンに選出された実力を持つ彼女は、2010年より日本ツアーに本格参戦して好成績をあげています。
持ち味は正確なショットと卓越したショートゲームで、賞金女王も期待されています。

自身のプレーについてメンタルが一番重要だと話す彼女は、リゾートトラストレディスの試合でも目の前の1打に全神経を注ぐ集中した戦いを見せ、正確なショットを終盤までキープしてバーディーへと繋げ、後続の追随を許す事はありませんでした。

強靭なメンタルと勝負強さを武器に優勝を引き寄せた彼女は、次なる戦いにも意欲を見せています。
この大会の会場となった関西ゴルフクラブは、チャレンジスピリットを刺激する林間コースです。

高低差の少ない地形には大小10個の池が随所に散りばめられ、8ホールに池が絡みます。
特にアウトの4番と8番の池越えや16番から18番までは左右どちらかに池が配置されており、高い戦略性が求められます。

7番と13番は飛ばし屋が豪快に打てるレイアウトになっていてゴルフの醍醐味が味わえるので、プロゴルファーが熱い戦いを繰り広げたゴルフ場でプレーしてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロツアー

このページの先頭へ