熊本空港カントリークラブで行われた西陣レディスクラシック

2010年から2012年まで行われた西陣レディスクラシックは、日本女子プロゴルフ協会公認のゴルフトーナメントでした。
2013年からはNKKTバンテリンレディースオープンとして、トーナメント屈指の難易度と謳われる熊本空港カントリークラブで行われています。
熊本空港カントリークラブは、全体の高低差が小さく起伏が程よいこのコースは距離が長く、自然を生かしたレイアウトが特徴で、ビギナーにはやさしく、トッププレーヤーには難しい絶妙な設計が評判のゴルフ場です。

クロスバンカーが所々に待ち構えるコースは、ゴルファーのチャレンジ精神を刺激します。

過去に開催された西陣レディスクラシックの大会では、プレーオフで優勝者が決まり劇的な展開が話題となりましたが、2014年4月18日から20日まで3日間に渡って行われたKKT杯バンテリンレディースオープンでは、15歳のアマチュア選手が史上最年少優勝という歴史的な記録を成し遂げました。

混戦の優勝争いが見込まれていた大会最終日、首位とわずか1打差からスタートした15歳の勝みなみが、前半にスコアを2つ伸ばして単独首位に躍り出ます。

5バーディー、1ボギーの68ストロークで通算スコアを11アンダーまで伸ばし、大会新記録を打ち立てて優勝しました。
歴史を塗り替えた史上4人目となるアマチュア優勝は大きな話題となり、女子ゴルフ界は盛り上がりを見せています。

熊本空港カントリークラブで行われるゴルフトーナメントは、数々のドラマが生み出される、ゴルファー必見の大会です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロツアー

このページの先頭へ