女子プロゴルフツアーの開幕戦ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント

ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントは、ダイキン工業と琉球放送が主催の女子プロゴルフツアーの開幕戦で、毎年3月の第2週に沖縄県の琉球ゴルフクラブで開催されています。
1988年に第1回大会が行われ、2014年で第27回を迎えました。

2014年は賞金総額1億円、優勝賞金1800万円で、このトーナメントの前日にはプロ・アマ大会も開催されており、日本の財界人や企業のトップ、沖縄の有力者が集まって、プロを1人交えたチームでゴルフをプレーしていて、本土と沖縄を結ぶ架け橋とも呼ばれている大会です。

最終日はTBS系列の全国ネットでテレビ放映され、初日と2日目はローカル放映となっています。
日本女子プロゴルフ界の選手はもちろん、海外からのプロ選手も多数出場している大会で、シーズンの開幕戦ということもあり注目されています。

この大会では、日本人選手は不動裕理選手が2001年と2003年の2度タイトルを獲得していて、2004年には海外でも活躍している宮里藍選手、2012年には人気上昇中の斉藤愛璃選手、2013年は森田理香子選手が優勝しています。

そして2014年は、タイのO.サタヤ選手が優勝しています。

観戦チケットにはお得なものがあり、食事券500円分が付いたセット券や往復バスの利用券が付いたチケットが格安で販売され、多くの人が訪れます。
過去にはアマチュア大会で4位に入った小学生ゴルファーが本戦へ出場したりと、様々なドラマが生まれている大会です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロツアー

このページの先頭へ