富士通レディースは、東急ハンドレッドクラブにて行われます

どんな大会にもスポンサーが付いて、大会が開催されています。
大きな会社がスポンサーについているとそれだけ宣伝にも力を入れますし、賞金の額も高くなります。
賞金が高くなるということは、それだけ出場したいという選手が増えるので、結果として優秀な選手がたくさん出てくることとなり、観ている側としては実に有りがたいことです。

この富士通レディースもそういった大会のひとつで、名前の通り、富士通がスポンサーのゴルフ大会です。
また、レディースの名前の通り、女性ゴルファーのみ参加可能となっています。

開催場所は、東急ハンドレッドクラブにて行われ、賞金総額は8000万円、優勝賞金は1440万円の、日本女子プロゴルフ協会が公認している公式大会です。

テレビ朝日が後援しているためテレビ放送もされていますし、他にもいくつもの大企業が協力企業として名を連ねています。
2012年は、10月12日から予選ラウンドが開始され、そして10月14日に決勝ラウンドが行われました。

2013年は、開催日と場所までは決まっているのですが、まだ予選に参加する選手は決まっていません。
チケット販売の情報や過去の情報は、富士通のホームページで適時更新されますので、興味のある方は、覗いてみるといいでしょう。

過去の優勝者は実に豪華で、まさに女子ゴルフ界の登竜門とも言うべき大会で、実に見ごたえがあります。
チケットは早めに予約して、是非とも間近で観戦することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロツアー

このページの先頭へ