真夏の高原リゾート軽井沢で開催されるNEC軽井沢72ゴルフトーナメント

2013年で26回目を迎えた、NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの創設は、1987年でした。
当時は、スポンサー企業がNECではありませんでしたが、1991年に撤退したため、NECグループが翌年の1992年から現在に至るまで主催しています。

大会は、毎年真夏の8月第2週に、長野県軽井沢町にある軽井沢72ゴルフ北コースで行われています。
避暑地の軽井沢でちょうど夏休み期間に行われるため、多くのゴルフファンが大会を観戦しに軽井沢を訪れます。

賞金総額は、2012年は7000万円、優勝賞金1260万円という大きな大会で、日本女子プロゴルフの協会公認の女子プロゴルフトーナメントのひとつです。

軽井沢72ゴルフは、東、西、南、北の4コースありますが、その中でも、大会が開催される北コースは、1番ハイグレードなコースといわれています。

上信越道、碓氷軽井沢インターチェンジから10キロほどで、都心からのアクセスもよく、人気のあるゴルフ場です。
コースは丘陵タイプで適度なアップダウンがあります。

面積は71平米と広大でフラットなコースですが、池やバンカーが点在しているため、それがアクセントとなり、大会でもストーリが読めないドラマが演じられることとなります。

2013年からは、このトーナメントのために新たにトーナメントギャラリーを新設したり、コース内標識のデザインを向上させて、わかりやすくプレーしやすい環境を整えたりして大会を盛り上げています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロツアー

このページの先頭へ