女子ゴルファー実力No.1決定戦、サントリーレディスオープンゴルフトーナメント

サントリーレディスオープンゴルフトーナメントは、毎年6月の第2週に開催される、日本女子プロゴルフ協会公認の女子ゴルフトーナメントの大会です。
大会名にもなっている日本の飲料メーカーに、東京と大阪のテレビ局を加えた合計3社が主催しています。
この大会は、女子のツアーとしては珍しく、4日間の日程で行われます。

女子では、メジャー大会以外で4日間競技なのは、この大会だけです。
また、賞金総額は1億円、優勝賞金は1800万円と、こちらもメジャー大会以外では規模が大きく、まさに、女子ゴルフツアーではビッグイベントといえます。

開催地については、1度だけ千葉県で開催されたことがありますが、それ以外は全て兵庫県で開催されています。

この大会は、インターナショナルオープントーナメントとして、国内外のトップアマチュアにも出場権が与えられていて、これは、若手アマチュアの育成を目的としたもので、実際、2012年大会は、アマチュアの選手が優勝を飾りました。

ここで、この大会の歴史についても少し触れておきましょう。

第1回大会が開催されたのは1990年で、1995年は、震災による影響で大会は中止されましたが、予定されていた賞金は、神戸市に小型の消防車を30台寄付するという形で、全額寄付されました。

それ以降は、チャリティという面でも役割を果たしています。
神戸は、日本のゴルフ発祥の地と言われています。
その地で、女子ゴルファーの真の実力が試される大会なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロツアー

このページの先頭へ