女子ツアーの中でも人気の高い、フジサンケイレディスクラシック

フジサンケイレディスクラシックは、毎年4月に開催される、日本の女子プロゴルフのトーナメントです。
日程は全3日間で、ストロークプレーで行われます。
毎年、静岡県伊東市にあるゴルフコースで開催されており、主催は、テレビ局や新聞社などで構成される企業グループで、大会名にもなっています。

この大会は、メジャー大会ではありませんが、近年女子ゴルフの人気が高まっていることや、系列のテレビ局でテレビ中継されることなどもあり、非常に名の知れた、人気の高い大会です。

賞金についても、総額で8000万円で、優勝賞金が1440万円となっており、規模の大きさがうかがえます。
さて、この大会の特徴として1つ挙げられるのが、マンデートーナメントです。

マンデートーナメントとは、大会が行われる週の月曜日に開催される、この大会への出場権をかけた予選会のことで、日本の女子プロゴルフツアーで最初にこのマンデートーナメントを実施したのが、フジサンケイレディスクラシックなのです。

主催者推薦選手を、こういった形で実力で選ぶことにより、よりハイレベルなトーナメントを作っていこうという趣旨から、このような予選会を実施しています。

さて、ここでこの大会の歴史についても触れておきましょう。

第1回大会が開催されたのは1982年で、当初は8月から9月の時期に開催されていましたが、2005年から4月開催となり、翌年からは開催地が今のコースになりました。

歴史、人気ともに女子ツアーの中ではトップクラスの大会です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:女子プロツアー

このページの先頭へ