丸山大輔は千葉県出身のプロゴルファーです

丸山大輔は千葉県出身のプロゴルファーで、1971年3月16日生まれの44歳です。
身長175センチ、体重75キロで、中学時代は体操部に所属しており、15歳の時に友人の家族とゴルフ練習場に行ったことがきっかけでゴルフを始めました。
高校はゴルフ部のある泉高校を選んで進学し、プロテストへは4回チャレンジして1994年に合格します。

プロ転向後、1996年6月に開催されたポカリスエットよみうりオープンがデビュー戦となりましたが、なかなか国内のツアーでは活躍が見られず、アジアンツアーに活路を求めて挑戦し、2000年の台湾PGAで優勝を果たします。

その後は国内のツアーにも参戦していましたが、サンクロレラクラシックやダンロップフェニックスでは2位、3位を3回ずつ入賞したものの優勝には手が届かず、それでも年間賞金ランニングは8位で、優勝のないプレーヤーとして最高位を得ています。

2005年のフジサンケイクラシックで国内での初優勝を飾り、翌2006年にはアメリカツアーに挑戦し、ジ・インターナショナルで3位入賞を果たすなどトップ10が4試合あり、シード権を獲得します。

翌年はシード落ちしてしまいましたが、活躍の場を再び日本へ移し、2009年のパナソニックオープンで2勝目を上げました。

2010年から2012年までは未勝利のままでトップ10がゼロと低迷の時期もありましたが、2013年に地元千葉県で開催されたブリジストンオープンで4年ぶりの3勝目を果たし、シード落ちの危機を切り抜けました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ