練習熱心としても知られるプロゴルファー菊池純

菊池純は、1973年12月22日生まれで埼玉県出身のプロゴルファーです。
16歳からゴルフを始め、1995年にプロになりました。
高校時代は野球をしていましたが、高校卒業後に研修生となります。

得意なクラブはドライバーとアイアンで、2007年8月の北海道のツアーでは、3ラウンドのプレーオフを制してツアー初優勝します。
しかし、現在はまだその1勝のみです。

その年の賞金ランキング22位が最高位となっています。
優勝した時のインタビューでは、今度優勝した時は子供を抱いて表彰されたいと家族思いのコメントをしています。

早くその2勝目を達成することに期待します。
また、2002年には史上初めて2週連続ホールインワンという記録を達成しています。

いずれも大会2日目で、16番ホールを7番アイアンで直接カップインさせました。
この2つのホールインワンで賞金400万円を稼いでいます。

2002年から6年連続で賞金シードを保ちましたが、2008年は不調でランキングが90位と低迷しシード権を失いました。
その年は前年と比べてパーオン率やパーキープ率、ドライビングデイスタンス、フェアウエーキープ率で少し数字を良くしていますが、平均パットが悪化した影響で苦戦を強いられたのでした。

また、持病の腰痛も賞金シード喪失の要因となったようです。
ここ数年間の成績はぱっとせず、賞金ランキングも上位には入ってきません。
練習熱心さはツアーでも有名で、ショットとパッティングがうまく噛み合えば今後の活躍が期待できる選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ