宮里優作は、沖縄出身のプロゴルファーです

宮里優作は沖縄出身のプロゴルファーで、兄の聖志、妹の藍もプロゴルファーで、宮里3兄弟と呼ばれています。
アマチュア時代は、3兄弟の中で最も目立った存在でした。
大阪桐蔭高校時代に日本ジュニアで優勝を飾ると、東北福祉大時代には日本学生を3連覇、日本アマ、日本オープンベストアマと、アマチュアのタイトルはほぼ獲得してしまうほどの活躍をします。

また、プロのトーナメントでも優勝争いに食い込むなど将来を嘱望されていました。
そして、卒業と同時にプロ宣言をしてトーナメントに殴り込みをかけます。

2003年からツアーに本格的に参戦し、JCBクラシック仙台では単独2位に食い込むなどいきなり頭角を現し、シード権も獲得しました。
海外への挑戦意欲も高く、2003年にはクロリファイトーナメントに挑戦、最終予選まで残っています。

また、機会を見つけてはスポット参戦を果たしており、2006年のリノタホオープンでは世界で初めて、1ラウンド中に2度のホールインワンを達成しています。

しかし、いつ勝ってもおかしくない素質がありながら、プロツアーではあと1歩のところで何度も苦杯をなめてきました。
最終日を最終組でスタートすることなんと10回、しかし1度も勝利を挙げることは出来ていません。

兄の聖志が2004年に沖縄オープンで優勝を飾って先を越されてしまい、妹の藍も日米で勝利を重ねており、取り残されてしまっている状態です。
しかし、ゴルフの技術は非常に高く、近い将来その順番が回ってくる可能性が高いことは間違いないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ