古田幸希は、ぽっちゃり王子の愛称で親しまれる

ぽっちゃり王子の愛称で親しまれているプロゴルファー古田幸希は、1992年6月生まれです。
青森県の出身で、ゴルフを始めたのはわずか3歳の時、父親の影響で始めました。
めきめきと上達し、2004年の12歳の時、全国小学校ゴルフ選手権で優勝します。

中学に入っても更に実力を発揮し、2005年の都道府県対抗ゴルフでの優勝をはじめ、2006年、2007年には、東北中学ゴルフ選手権、東北ジュニアゴルフ選手権、全国中学校ゴルフ選手権、青森県アマチュアゴルフ選手権、青森県オープンゴルフ選手権と次々に優勝を飾ります。

さらに、国体の代表や、世界ジュニアの代表にも選ばれました。
このころからマスコミにも注目されるようになり、その丸々した体格からぽっちゃり王子という愛称で呼ばれるようになります。

そして、高校に進学後もその勢いはとまらず、活躍は続きました。
2009年、2010年には、全国高校ゴルフ選手権東北大会、東北ジュニア、東北アマチュアで優勝のほか、全国高校ゴルフ選手権で4位、日本アマチュアゴルフで16位に入るなどの成績を残し、注目を集めました。

大学進学後は身長も伸び、体形も少しずつ変わりましたが、ゴルフの強さは衰えません。
特に、2011年に出場した日本アマチュアゴルフ選手権のマッチプレー2回戦では、古田自身も雲の上の存在と語っていた同じ大学の先輩と対戦し見事勝利しました。

この勝利により、日本オープンの出場権も獲得し、日本アマでの順位も4位という好成績を残したのでした。
これから、更なる飛躍が楽しみな若きゴルファーです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ