ジャンボキラー高橋勝成はレッスンも一流

高橋勝成は、北海道旭川市出身のプロゴルファーです。
日大ゴルフ部時代から、その実力は注目されていました。
1975年にプロに転向すると、持ち前の研究熱心さで頭角を現してきます。

飛距離は特筆すべきものはありませんでしたが、正確性とショートゲーム、またパッティングのうまさで勝利を重ねていきました。
高橋勝成と言えば、その異名でもあるジャンボキラーが有名です。

トーナメントで、圧倒的な飛距離を武器にする尾崎将司に敢然と対抗しました。
絶対的な強さを誇り、同組の選手との競り合いに滅法強かった尾崎を敵に回し、一歩も引くところを見せず、1987年の日本マッチプレーでは、決勝で尾崎を下してメジャー優勝を達成しています。

また、第1回のラークカップでも、尾崎を下して優勝をさらっています。
50歳を過ぎてからは、活躍の場をシニアツアーに移しました。

ここでも勝負強さを発揮し、2000年には日本プロシニアと日本シニアオープンの2冠をあっさり獲得、賞金王に輝いています。
そして、以降もタイトルを獲得し続け、4年連続賞金王になるという金字塔を打ち立てました。

故障のためツアーの第一線を退いてからは、温厚な人柄から、レッスンでも活躍の場を広げていきます。
元プロ野球選手の真弓明信とも親交が厚く、2人でコンビを組んだレッスン番組が放送されています。

また、ゴルフの普及にも力を入れており、室内でも安全にゴルフが楽しめるスナッグゴルフの大会を主催するなど、貢献を続けています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ