今野康晴は、岐阜県恵那市出身のプロゴルファーです

今野康晴は、岐阜県恵那市出身で、1973年5月28日生まれのプロゴルファーです。
12歳の頃からゴルフを始め、日本大学在学中の1994年には、一年先輩の片山晋吾を破って日本アママッチプレーに優勝しました。
翌年出場した日本オープンでは14位と好成績を収め、ベストアマチュアに輝いています。

翌1996年にはプロテストに合格し、将来を嘱望される存在としてプロデビューを果たしました。
プロデビュー後はしばらくアジアツアーを転戦し、1997年のマニラオープンでプロ初優勝を挙げます。

1999年に念願の日本ツアー初優勝を挙げ、2002年には2週連続優勝するなどし、賞金ランク9位につけるなど大躍進を遂げました。
しかし、その直後から体の故障に苦しみ、深刻な左肩痛をわずらった後、2003年には原因不明のむくみに悩まされ、不振が続きます。

ゴルフに対して完璧を求める余り、特に手のむくみには敏感になったと言われています。

その後、懸命に回復に努めた2005年、3年ぶりに日本ツアー優勝を果たして、勢いを取り戻した今野は年間最終戦のゴルフ日本シリーズも優勝し、年間賞金ランキング2位に入るなど完全復活を遂げました。

また、2009年には、プレーオフで6戦全敗という珍しい記録を作っています。

2009年に一勝を挙げたのを最後に、腰を痛めた事もあり優勝がありませんが、体の不調から復活を遂げた過去があるように、再度活躍することが期待されている選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ