イップス克服の兆しがみえはじめたプロゴルファー佐藤信人

佐藤信人は1970年3月12日生まれ、千葉県出身のプロゴルファーです。
千葉県の高校を卒業後にアメリカへ渡り、陸軍士官学校を経て州立大学に進みました。
1993年に帰国後は、プロテストに一発で合格し、1997年には初優勝を飾っています。

パッティングに定評があり、2000年、2002年には賞金王争いを展開し、2000年は平均ストローク1位になりました。

国内公式戦でも3勝をあげており、2003年には選手会会長を務め、その後、欧州ツアーに挑戦し、この頃からパッティングのイップスや腰痛の悪化に悩まされて成績が低迷、ツアー出場権を失ってしまいます。

2011年の日本オープンでは一時単独一位となりましたが、最終的には3位に終わりました。
ツアー優勝は9回あり、2002年が最後となっています。

イップスのきっかけとなったのは、2002年に雑誌の取材でパットのストローク写真を撮ったことがきっかけです。
写真を見たところフォローで思ったより内側に打ち出していると感じ、まっすぐ打つことを意識するようになり、打ち方を気にしてしまいおかしくなっていったのでした。

クロスハンドグリップにしたり、長尺や中尺パターを使ったり、様々な練習器具を使っての克服を試みて、なんとか2004年から2005年までは試合に出場していました。

さらに、2006年には腰痛を発症、スイングが悪いせいではないかと悩んでしまい、うつ状態になってしまいます。
しかし、メンタルトレーナーからの指導を受けて、2011年には復調の兆しをみせ始めています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ