今後のゴルフ界を背負って立つ星野英正

星野英正というプロゴルフプレイヤーがいます。
彼は、宮城県仙台市の出身で、中学生の頃にゴルフを始めました。
その頃から、ゴルフのテクニックは他の子供たちと比べて頭ひとつ飛び抜けていて、日本ジュニア選手権など多数の大会で入賞を果たすほどでした。

仙台育英高校に入学後もゴルフを続け、東北アマチュア選手権を三連覇するなど、彼の才能は見事に開花しました。
そして、大学へ進学後も数多くの大会へ出場して優勝を果たすなど、ゴルフ界では注目の的となっていました。

星野英正のたぐいまれな才能は、彼の努力家という性格と絡み合い、他の選手たちを圧倒しています。
彼の卓越したプレースタイルは、他の選手たちは真似することができないもので、特に繊細なパットはゴルフファンたちをも唸らせました。

難しい芝目を見事に読み取り、どれだけ距離があったとしても見事にパットインをする彼の芸術的なパットこそが、彼が様々な大会で優勝を果たした原動力でした。

しかし、持病の腰痛などもあり、プロ転向後はスランプに悩まされることも多くなります。
それでも、彼の才能と努力によりそれを克服し、腰に負担のかからないスイングなどを独自に研究するなどをして、見事に復活を遂げました。

そして2008年には念願の国内メジャー初制覇を果たすなど、未来のゴルフ界を背負って立つにふさわしい成績を収めています。
現在、ゴルフ界では数少ない、世界と戦える国際的なプレイヤーとして注目されている存在です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ