日本ゴルフ界における中村寅吉の歩み

中村寅吉は、日本のプロゴルフ界の第一人者として、林由郎や小野光一らとともに戦後の日本ゴルフ界を支えた人です。
愛称はトラさんと言われるなど、日本ではゴルフの神様として親しまれていました。
また指導者として、樋口久子や安田春雄らを育てています。
1915年、神奈川県横浜市で生まれ、14歳でゴルフを始めました。

プロデビューは1935年で、1950年には日本オープンゴルフ選手権に初優勝、1957年に日本で開催されたカナダカップ(現ワールドカップ)では小野光一と組み、サム・スニードを擁したアメリカなどを振り切って団体初優勝、自らも個人優勝を遂げました。

翌1958年には、第二次世界大戦後の日本人として初めてマスターズに小野光一とともに出場し、41位の成績を残しています。
1969年にシニアツアーに転向してからも活躍は続き、1974年に日本女子プロゴルフ初代会長に就任しました。

そして1981年には、65歳で出場した関東プロシニアゴルフ選手権初日に65で回り、ゴルファーの憧れのエージシュートを達成しています。

そして2003年には、伊勢原カントリークラブ内に中村寅吉を称えるゴルフギャラリーが完成し、2008年に92歳で老衰のため亡くなりましたが、2012年には、第1回日本プロゴルフ殿堂顕彰者となっています。

レギュラーツアーでは通算25勝、シニアツアーでは通算12勝、獲得タイトルとしては、日本オープンゴルフ選手権3勝、日本プロゴルフ選手権大会4勝などの戦績を上げているプロゴルファーです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ