津野浩は、元プロ野球選手のプロゴルファーです

津野浩プロは、1964年8月生まれの元プロ野球選手です。
高校時代は春1回、夏は2回、全国高校野球選手権にエースとして出場し、満塁本塁打を放つなど打撃面でも活躍を見せました。
1984年にドラフト3位でプロ球団に入団し、一年目から活躍し、同期の高卒ルーキーらとともに19歳トリオと呼ばれました。

翌1985年から3年連続で開幕投手を努め、ローテーションの中心投手として活躍し、1986年に10勝、1989年には11勝をあげています。
しかしその後、肘を壊してしまい低迷する時期が続きました。

1991年に他球団へ移籍しますが、その年に1試合を投げたのみで自由契約になり、その翌年は他球団へテスト入団、1994年に再度他球団へ移籍しましたが、1997年に現役を引退しました。

通算成績は53勝71敗でふた桁勝利をあげた年も勝ち越すことは出来ず、防御率も1988年に2.92となった以外は4点以上で、通算防御率は4.61でした。

そして引退後は、第二の人生として現役時代から好きだったゴルフを選びます。
プロ野球の現役時代から70台でラウンドし、ドライバーも300ヤード近く飛ばしていたようです。

知人の紹介で研修生としてゴルフ場に就職し、若い研修生と一緒にプロを目指していましたが、研修生になって4年後の2001年にプロツアーのクオリファイ試験に合格してツアープロとなりました。

現在は主にレッスンプロとして活動をしていますが、50歳以降は再びツアーを目指す予定でいるそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ