これからの活躍が期待されるプロゴルファー矢野東

モデルのようなルックスと華麗なファッションセンスでも注目を浴びた矢野東は、1977年生まれで群馬県出身のプロゴルファーです。
ゴルフを始めたのは10歳の時で、中学、高校時代はこれといって目立った活躍はありませんでした。
しかし、大学進学後にその才能が開花します。

大学3、4年の1998年、1999年に、関東アマチュアゴルフ選手権、全日本学生選手権、全日本学生王座決定戦を次々制覇して実力を発揮します。

大学卒業後の2000年にプロへ転向し、静岡の大会でツアーデビューしました。
2001年、2002年は入賞のみでしたが、2003年は賞金ランキング45位で初のシード権を獲得し、少しずつ順位は上がってはいたものの伸び悩んでいました。

そのため、徹底したストイックな肉体改造に取り組み、プロ転向当時は体重が60キロほどでしたが、75キロまで増やして筋肉をつけています。

その結果、2005年についに念願の初優勝を手にしました。
そして、節制や肉体改造してきたそれまでの努力がさらに実を結んだのが、2008年です。

10試合連続トップ10入りを果たし、そのうち2試合では優勝を手にします。
賞金王争いにも加わり、惜しくも1位にはなれませんでしたが、賞金ランキング2位、獲得賞金1億円を突破しました。

この年は、彼にとって大ブレークした年ともいえます。
2009年には全米オープンにも出場し、海外でもその存在感を示しました。
ここ数年は優勝をあと一歩のところで逃していますが、これからの活躍が楽しみなゴルファーの一人です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロ

このページの先頭へ