長嶋茂雄招待セガサミーカップの概要について

長嶋茂雄招待セガサミーカップは、2005年から開催が始まった日本ゴルフツアー機構(JSTO)公認の男子プロゴルフトーナメント大会です。
セガサミーグループという日本の大手ゲームメーカーがスポンサーとなっており、大会の正式名称は長嶋茂雄Invitationalセガサミーカップゴルフトーナメントとなっています。

この大会は、北海道千歳市にあるザ・ノースカントリーゴルフクラブ(The North Country Golf Club)で毎年7月に開催されており、2012年現在、賞金総額は1億5000万円で、優勝賞金は3000万円です。

同大会が始まった2005年時点では、セガサミーカップゴルフトーナメントという名称でした。

それが2007年に、大会を主催するセガサミーグループが、読売巨人軍の終身名誉監督である長嶋茂雄をゴルフトーナメント大会の大会名誉会長として迎え入れたことにより、現在の名称へと変更されることとなりました。

大会のコースは、18ホールでパー72、総ヤード数は2012年大会では7127ヤードとなっています。

コースのタイプとしては起伏の激しい丘陵タイプで、プロゴルファーにとっては比較的易しいコースとされており、大会の最高記録は、2012年に韓国の選手が出した19アンダーです。

なお、2005年に開催されるようになってから全8回の大会のうち、日本のプロゴルファーが優勝したのはわずか3回となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロツアー

このページの先頭へ