日本プロ日清カップヌードル杯は、毎年5月中旬に行われる

日本プロ日清カップヌードル杯とは、正式名称を日本プロゴルフ選手権大会日清カップヌードル杯といい、2010年大会から、本体会の冠協賛社の代表的な商品名を、大会名として付けています。
日本プロゴルフ選手権大会は、日本プロゴルフ協会が主催するプロゴルフメジャー大会の一つで、毎年5月中旬に4日間、72ホールの日程で開催されています。

ちなみに、以前は7月~9月に開催されていましたが、1992年以降、5月開催となりました。
創設されたのは1926年で、日本最古の歴史と伝統を誇る大会です。

1930年の第5回大会まではストローク形式でしたが、翌年から1960年の第28回大会まではマッチプレー方式で行われていました。
なお、1941年並びに1943~1948年までは、太平洋戦争のために、大会は休止されています。

また、再開後の初戦となった1947年の第17回大会は、ストローク形式で行われました。
そして、1961年の第29回大会から現在に至るまでずっと、ストローク形式で行われています。

開催場所は、サーキットトーナメント方式が採用されていて、毎年、都道府県及びゴルフ場を変えて開催されます。
賞金は、2012年大会では総額1億5000万円、優勝賞金3000万円でした。

また、優勝した選手は向こう5年間、メジャー大会を含む日本ゴルフツアー機構の公認試合の無条件シード権を獲得できます。
このように、日本プロ日清カップヌードル杯は、歴史、規模ともに、日本トップクラスの大会なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:男子プロツアー

このページの先頭へ