華やかな女子ゴルフ界には美人がいっぱい

以前から女子ゴルフ界には美人プロがいて、根強いファンがついていました。
しかし、ゴルフの実力が伴わないケースが多く、テレビでは目にする機会が少なかったのも事実です。
そして強いゴルファーは見た目も強そうといった具合でした。
しかし、宮里藍選手、横峯さくら選手たち若いプロゴルファーが登場するようになった頃からは、才色兼備のプロが増えてきています。

また、そのファッションへの関心が高まっており、ネイルやアクセサリーもモデル顔負けのものを身につけて、見る者を楽しませてくれるようになりました。

ビジュアル系のプロの代表格と言えば、金田久美子選手が挙げられます。
アマチュア時代からヘソピアスなどの奇抜なファッションでファンを楽しませていましたが、プロになって益々磨きがかかっています。

また、モデル顔負けの長身スレンダーなスタイルが自慢のプロも多く出てきました。
プロレスラーを父に持つ木戸愛選手は、八頭身のモデル体型から豪快なショットを放ちます。

愛くるしいルックスといえば、2012年の開幕戦でいきなりツアー初優勝を飾った斎藤愛璃選手も世間の目を引きつけました。
ほかにも、小さな体で奮闘する美人プロといえば藤田幸希選手がいます。
努力家でゴルフに対する真摯な姿勢も魅力です。

美人ゴルファーとして、またその奔放な発言で多くのファンを魅了した古閑美保選手は、残念ながらツアーからは引退してしまいましたが、まだまだ人材は豊富です。

ツアーには100人以上の女子プロゴルファーが参加しています。
試合会場に足を運んで、じっくり美人捜しをするのも悪くないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルフ

このページの先頭へ